よく噛んで食べることが大切

よく噛んで食べることが大切

"私が食事で大切にしていることは「よく噛んで食べるということ」「何でもおいしく食べるということ」「食べ物を残さずに食べる」ということです。
日本人は昔からちょっと歯ごたえがある食べ物を好んできました。現在でも普通の食事の中でコリコリ、サクサクした歯ごたえのもの・・・例えば漬物などを好んで食べていると思います。
こうした食品をいつも食卓に出すようにしています。柔らかい食べ物ばかり食べていては子供の顎の発達が悪くなってしまうからです。
歯ごたえがあるものをよく噛んで食べることは健康にも良いはずです。
「何でもおいしく食べるということ」は私が子供の頃、親に言われ続けたことでした。「食べ物に感謝しなさい」ということですね。「食べられることを当たり前だと思わずに何でもおいしく頂きなさい」と言われたことは現在も役に立っています。
そして「食べ物を残さない」ことも先ほどと同じように、私が子供の頃から母に厳しくしつけられたことです。
この3つのことを大切にしています。"