ヒアルロン酸の特徴

ヒアルロン酸の特徴

ヒアルロン酸が配合されているローションなどを使ったことはありますか?なんとなくトロミがあって、ローションなのに美容液のようなトロトロ感を感じたりする事もあるのではないでしょうか? 

実はこのトロトロ感はヒアルロン酸が持っている特徴のひとつなのです。ヒアルロン酸は無色で弾性がある成分なので、液体というよりはジェル状でトロリとしています。そのため、ヒアルロン酸を含んでいるスキンケアなどはトロトロ感があるというわけです。

また、ヒアルロン酸は私達の体内にもたくさん含まれている成分ですが、細胞と細胞の間にあってクッションのような役割をしています。ヒアルロン酸が不足すると細胞同士のクッションがなくなってしまうため、関節機能がおかしくなってしまったり、眼球の疾患にかかりやすくなったりするようです。

それだけではありません。ヒアルロン酸はコラーゲンと同じように肌の奥深い真皮層にもたくさん含まれていて、お肌の水分管理をしてくれています。ヒアルロン酸がたっぷりと含まれている肌は皮膚の水分と油脂のバランスも取れていてきめが細かいのに比べて、ヒアルロン酸が少ない肌は水分が不足して乾燥肌になったり、肌のハリがなくなってヨレヨレのシワが表われる原因にもなってしまいます。

ヒアルロン酸は体内で生成される成分ですが、スキンケアなどとして肌の外側から直接補給する事も可能です。美容業界ではヒアルロン酸というと保湿の第一人者的な存在でもある成分として扱われていますし、医療業界でも広く活躍している成分なのです。