コラーゲンとは?

コラーゲンとは?

美容には欠かせないコラーゲンは、人間の体の骨や皮膚などの代謝を促進するたんぱく質です。コラーゲンは私達の体内にあるたんぱく質の30%を占めているといわれていて、もともとは人間の体内で生成されていますが、加齢とともに生成されにくくなってしまうという特徴を持っています。そのため、コラーゲンが不足すると肌の代謝なども行なわれにくくなり、肌にシワやシミなどが残ってしまうわけです。もちろん、コラーゲンは肌だけではなく骨や靭帯、軟骨などの働きや生成にも大きな働きをしています。

コラーゲンは体内で生成されている成分ですが、食べ物やサプリメントなどとして体内へ摂取する事もできますし、また、スキンケアなどで肌に直接補給する事も出来ます。食べ物としてコラーゲンを食べる時には、コラーゲンをたっぷりと含んでいる食事とともに、コラーゲンの吸収率を高めるためのビタミンCやリシンなどの成分も同時に摂取するように心がけましょう。

コラーゲンは美容にとっては必要な成分ですが、その中でもアンチエイジングを期待したい人にとってはなくてはならない大切な成分でもあります。コラーゲンは鶏肉や豚足、フカヒレやエイヒレなどに多く含まれているといわれていますが、水溶性なので食べ物として摂取する時には、スープなどのように料理をする事でコラーゲンが逃げても確実に摂取できるような調理方法をするのがおススメのようです。サプリメントなどで補給するのも良い方法ですね。