コラーゲンを含む食べ物

コラーゲンを含む食べ物

コラーゲンは熱に弱いため、調理すると成分が逃げ出してしまうという特徴を持っています。また、動物性コラーゲンは分子が大きいために体内吸収率があまり良くありません。そのため、アンチエイジングなどを心がけている場合には食べ物だけでなくサプリメントなども併用するのが理想的なようです。

しかし、普段の食べ物からコラーゲンを摂取する事もとても大切ですよね。コラーゲンはどんな食べ物にたくさん含まれているのでしょうか。少しご紹介しましょう。

コラーゲンの中でも動物性コラーゲンと呼ばれるコラーゲンは、牛肉や豚肉、そして鶏肉など肉の中に含まれています。それぞれ肉の種類は変わっても、骨の部分や皮の部分にコラーゲンが多く含まれているといわれています。これらの部位を調理せずに生で食べる方はほとんどいないのではないかと思いますが、肉を調理する時にコラーゲンが流れ出てしまうため、コラーゲンをたっぷりと摂取するためにはスープやシチューなどのように栄養分を逃がさずに摂取する食べ方などを工夫すると良いようです。中でも鶏肉の皮には良質のコラーゲンがたっぷりと含まれているので、鶏肉を入れたスープやシチューなどは高い美容効果が期待できるようです。また、軟骨部分にもコラーゲンがたっぷり含まれているので、軟骨の唐揚や豚足なども積極的に食べてみてはいかがでしょうか?

魚の皮にもコラーゲンはたっぷり含まれています。サケやタイ、マグロなど魚を焼いて食べる時には皮も残さずに食べてコラーゲンをたっぷりと摂取しましょう。